皆さんこんばんは〜☆

全国各地からのご連絡(o^^o)とってもうれしい〜♡ありがとうございます。

前回のブログに続きまして、今日もスキンケアについて書いてみたいと思います。

ここのところ「始めまして〜♪」のお客様が多いせいもあり、日頃どのように何を使ってスキンケアをしているか聞くことが増えました。

そこで出て来るのが「クレンジング問題。」

皆さんは何タイプのファンデーションを使っていますか?

この「ファンデーションは何タイプ?」
これが『クレンジングは何タイプを使う必要があるのか?』

というところと関わってきます(o^^o)

面白いなぁ〜(*’ω’*)と思うのは、美容液やピーリングはかなりの強いものを使っているのに。。。

「肌に優しいからミルクタイプのクレンジングにしています(^ ^)」
「オイルは肌に良くないんですよね?」

え?
どういうこと?

そこは気になるんだね(・・;)
他のものは、「効きそうなやつ!効きそうなやつ!」
「肌に優しいやつ!」
なのに?

いやいや、いやいや。逆!逆!!

しっかりと毛穴の中までキレイに落として、優しいケアを続けていけば、それほど強いアンチエイジングを使わなくてもお肌は健康的なキレイな肌へ戻っていきますよ〜♪

クレンジングの選び方として、1番重きを置くべきは、先程も出てきました
『ファンデーションは何タイプ?』
が必要な情報です(^ ^)

理科の実験みたいなお話になってくるのですが〜(^◇^;)

比重の問題で選ぶと上手く行きます♪

ファンデーションを物質として考えたとき、

【軽い】お粉→パウダリー→ジェル→リキッド→エマルジョン→クリーム→オイルファンデ【重い】

という感じ。因みにBBやCCはクリーム状なのでクリームファンデーションの仲間です(^ ^)

例えば。。。
例題①ファンデーションはクリームタイプです。クレンジングはミルクタイプです。

この場合、
クリームよりミルクの方が水っぽいですよね?

クリームファンデーションは油が多く含まれているので水っぽいミルクだと、油に弾かれて中々混ざってくれません(*_*)

例えば。。。

例題②パウダーファンデーションを使っています。クレンジングはオイルタイプを使っています。

この場合。
オイルの方が粉より重いので混ざることが簡単にできますd(^_^o)

という感じです(^ ^)

どうでしょうか?日頃お使いのファンデーションとクレンジングの相性は大丈夫でしたか?(o^^o)

また、クレンジングタイプと同じくらい間違えていることがあります(T_T)

クルクル〜♪ゴシゴシ!!目元は重点的にクルクル、ゴシゴシ!

よりクルクルすれば!チカラいっぱいゴシゴシすれば!

メイクはキレイに落ちている〜(*´∇`*)

って?ないない、無い無い!!それ全然NGでーーーす。

お肌泣いてる(T_T)

宜しいでしょうか?
クレンジングをお肌に乗せると、お肌の上ではまた理科の実験みたいなことが起こっていますよ〜(^ ^)

♡ステップ1♡先程のファンデーションより重いクレンジングを選ぶと良くファンデーションとクレンジング剤が混ざります。
チカラいっぱいゴシゴシする必要がありません(^ ^)
むしろゴシゴシする意味も全くないです(^◇^;)

♡ステップ2♡ファンデーションとクレンジングの相性さえ合っていれば、既にクレンジングがファンデーションを抱えて、肌からメイク汚れを離してくれているので、お顔に触らないようにぬるま湯でパシャパシャ濯ぐだけでキレイに落ちます╰(*´︶`*)╯♡

クレンジングの極意はこれです↓↓↓★相性を合わせて★優しくクルクル★お顔に触れずパシャパシャ濯ぐ

気を付けたいのは、

例題③Noファンデ主義です!日焼け対策のために日焼け止めとお粉を少々。↑この場合も、日焼け止めがクリームタイプであればクリームと同等のクリームタイプのクレンジングが必要ですからね〜(^◇^;)

美肌工房では何でも良く落ちるクレンジングクリームをオススメしています♪
過去のブログでもおススメ商品は変わっていません!!
美肌工房のお気に入りクレンジングクリームはコチラから

↓↓↓

「洗うことの役割」

おススメ商品以外にも、クレンジングが合っていない時、毛穴の中で何が起こっているのかも書いてあるので、是非読んでみてくださいね(^ ^)

さて、ここのところ暖かい日差しが続いていた東京ですが、また寒さが戻ってくるようですね〜。
街はSALE中のお店が増えていますね(^ ^)
先日お散歩していたら、ナント千円!お買い得なポットを見つけました〜♪

こんな感じで茶葉が踊るらしい(笑)

寒い夜に躍らせてみたいと思いま〜す♡

皆さまも、暖かくしてお過ごしくださいね(^ ^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください