皆さんこんばんは〜♪

全国的に晴れ渡った日でしたね(*^^*)

先日沖縄のデパートでお買い物をしていた時のこと。

特に食品街でお買い物をされていた、おばぁ達のお肌をみていると、本当に強い紫外線の中で生きてきたんだなぁ。。。というほど、UVA(真皮の奥まで届く)をたくさん浴びた肌の状態でした。

そうですよね(*’ω’*)
あの日も私の中の紫外線探知機は小春日和のこの時期でも、『日傘に帽子で要ブロック』と言っていましたから。。。

皆さんは日焼け止めはどういう基準で選んでいますか?

「何となく。。。」という方多いのではないでしょうか(^ ^)

日焼け止めには
「吸収剤」「散乱剤」
大きく分けると2つあります。

どちらにもそれぞれ良いところと悪いところがあります。

先ず『吸収剤』
こちらの種類の特長としては、

汗に強い。

サラサラした使用感。

白浮きしない。

光を集めて化学反応を起こし熱に変える効果。繰り返し化学反応を起こすことで、日焼け効果が落ちるため、『塗り直しが必要。』

肌の弱い方にはこの化学反応が真っ赤に炎症したり、皮膚炎などのトラブルになることがありますね(*’ω’*)

「私は肌が弱いので。。。」という方が多く選ぶのが『散乱剤』を使用したもの。

こちらはというと、

刺激が少ない。その為ベビー用やキッズ用などに多く使われている。

白浮きすやすい。

少しベタつきが出る。

汗に弱いので『塗り直しが必要。』

そうなんです( ^ω^ )
結局はどちらも共通しているのが、
『塗り直しが必要。』なんですよね。

吸収剤を使っている物の方がブロック力が強い?って言うのも、昔はそうでしたが、現代では技術が進んで関係ない気がしますね(^ ^)

散乱剤にもSPF50やPA++++なんかもありますからね!

美肌工房でおススメしている
『サンプロテクト』これは散乱剤を使用しています。

更におススメする理由の1つに
『高密着ポリマー』を使用していること!!

この「高密着ポリマー」とは、イメージすると。。。

肌の上に『均一に隙間なく』ビチーッとくっ付いて離れない感じ( ^ω^ )

皆さんよくファンデーション。
相当念入り叩き込むでしょ?(笑)

あれって、メイクが崩れないように叩いて平すわけですよね?(^ ^)

大概隙間があると漏れて崩れていくじゃないですか?

例えばレンガが割れたら水が漏れ出したり、お風呂のメジが割れて水が漏れるとか。

要は平らに均一に隙間が無い。

コレが一番の効果を発揮していくわけですね(^ ^)

しかし隙間から汗や皮脂が流れ出すと、その隙間から水分が入って、ドンドン剥がれて行きます。
酷い場合には乗せてから30分後には汗に溶け出してしまうものまで存在します。

サンプロテクトの高密着ポリマーはお肌の上に乗せていくとピターーーっと隙間無く埋まって崩れにくくしてくれるというわです( ^ω^ )

「もうこれじゃないと!!」

と言うお客様が多い、写真左側のサンプロテクト(^ ^)

分かる!私も!!

ただ( ̄▽ ̄)!!

気を付けて欲しいのは〜、
隙間無くピターーーーっと付くので、

しっかり落とすクレンジングが必要になりますよ(o^^o)

日焼け止めとは!
メーカー問わず、お肌を守るけどお肌に悪い。

「一長一短」ということ。

お肌に残ったままでは、毛穴に残ったプロテクト剤がシミやカブレ、ザラザラ肌の原因に(>_<)

スキンケアや正しいクレンジングの方法を習ったことのある方って、殆ど居ないのではないでしょうか?

日頃サロンでスキンケアレッスンをしていて感じるのは、

「苦手な場所がある。」

と言うこと。

誰しもお顔の中には『洗い過ぎる場所』『洗い難い場所』があります。

そこ。。。洗い過ぎ(°_°)!!
そこ!一度も通りませんね(°_°)!!

なんてツッコミ入れつつレッスンを進めていますが、

ご自身の癖を知ることで、より上手にクレンジング&洗顔。スキンケアが出来るようになります(^ ^)

2018年4/4〜始まるこちらのキャンペーン☆

是非スキンケア改善のきっかけにしてみては?(o^^o)

この3月頃からUVA(真皮まで届く)は深いシワになる『光老化』の原因となる紫外線です。

恐ろしい。。。(゚ω゚)

高密着ですよ!
高密着!!!

しかし月曜に沖縄店でエステしてもらってからお肌つるつるだわぁ〜♡

テンション上がるぅ〜( ̄▽ ̄)ウフ。

サンプロテクト。
是非おススメでーす♪

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください