皆さんこんばんわ〜☆

ここの所、近所の工事で良く眠れない私ですが(ー ー;)眠さに負けず、

先日お問い合わせ頂いた件をご紹介してみたいと思います。

「肌が荒れていると、W洗顔で余計に荒れるからやめた方がいいですよね?」

と言う質問。

これに関しては、良く聞かれます(^^)

洗顔方法は独自の方法でされている方が非常に多く、間違っている方が圧倒的に多い。。。と言うのが私の印象です。

この「独自の洗顔方法。」
実は大きなトラブルへの入り口になりかねません!!

先ず、汚れやUV化粧品、ファンデーションなどのメイク用品。これは表面だけではなく、毛穴の中までこのようにバッチリ付着しています。(青い部分)

(null)

これを、拭き取りクレンジングや、ミルクなど軽めのクレンジングで落とした場合。表面は取れていても、このように毛穴の奥に入り込んだ汚れは全く取れていません。

(null)

最近の化粧品などは、綺麗な仕上がりになるよう、かなり粒子が細くなっていたり、超微粒子のラメが混在していることも多いですね。

とくにラメは貼りついたら落ちにくい。

誰でも一度は体験したことがあると思いますが。。。
「アレ?!こんなに所にラメがまだ付いてた〜♪( ´▽`)」
なんていうあの状態が、毛穴の中で起こっていると言うことです。

そして、先ほどの毛穴の奥に残ったままの汚れ。
これが問題です!!

化粧品は金属で出来ているため、この汚れを放っておくと、毛穴の中で酸化して黒くなり、クスミの原因に!

クスミならまだカワイイ(ー ー;)

その酸化した物は定着してシミになり、

さらに後から出てくる皮脂も足され、ニキビなどの炎症になってしまったりと、とにかくトラブルの素なのです。

「クレンジングが大切!」とされているのは、このことを言っているのです(o^^o)

ただし、

ただし!!なのです。

『※良く落ちる』クレンジングで。←これです。

W洗顔で荒れるというのは、
先ずは毛穴の奥の汚れがきちんと落とせていないクレンジングを使って、更に洗浄力の強い、皮脂も全て取ってしまう洗顔ソープを使って洗う。

これが原因なのですね(^^;;

毛穴の取りきれなかった汚れがトラブルを起こす上に、肌を守る大切な皮脂を全て取る。

これではいいわけありませんね(ー ー;)

肝心なのは、W洗顔をやめることではなく、「何を」使ってW洗顔するのかです。

きちんと毛穴の奥まで落とせて、肌の上の皮脂を取りすぎないソープを使って柔らかく洗い上げること(^^)

それを可能にするのがコチラ。

(null)

32℃化粧品
☆クレンジングクリーム
☆ラグジュアリーソープ

クレンジングクリームは優しい力でクルクルするだけで毛穴の奥の汚れまでしっかりキャッチd(^_^o)

クレンジングの後は、肌の上の潤い成分グリセリンを生んでくれる常在菌を育てるエサが入ったソープで潤いを残して洗い上げていきます(o^^o)

クレンジング、洗顔の見直しで、クスミが取れてきたり、小さなニキビや、ザラザラな手触りが無くなったりと、良いことがたくさんあります♡

先ずは試してみたいというお客様は、ぜひサンプルから初めてみては?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください