皆さんこんばんわ~(=´∀`)人(´∀`=)

今日は久しぶりにお天気も良く、過ごしやすい秋の陽気でしたね〜♫
いつもじっと室内にいるせいかSNSなどで色んな投稿を眺める時間が増えた気がします(*’ω’*)
そこで感じることは、殆どの方は画像加工で載せているし、最近のカメラは本当に高機能だなぁ〜と言うこと。
画像加工はもう全然ドンドン楽しんだら良いと思うのですが、やはりある部分は加工が難しいんだなぁ〜と思ったんですよね〜(。・ω・。)
それはね、『目元。』
まぶたの部分はよく見ると加工されずにそのままだったりするんですよね〜。
恐らくまぶたを加工しようとするとアイシャドウが変な感じに加工されたちゃうからアプリ的に難しいのかも知れませんね〜(。・ω・。)
良く「手と首は年齢が出る。」なんて聞いたことありませんか?
あれって、シワが出来るとはまた別の老け方というか、しぼんで角質層が薄くペラペラになるイメージになっていくので、見た目の印象から瑞々しさや弾力感が失われていくのでそのように見えてしまうわけですね。
これ、実はまぶたも同じようにしぼんでくるんです(><)
↓赤い丸ところ。
段々とまぶたがしぼんで来ると、上から皮膚がたるんで皮みたいになってかぶってきます(汗)
↓こんな感じに。

良くやっている人が居ますが、美容整形に行くとこの弛んだ部分を切開して縮める手術がありますよね。

美容と言う側面だけではなくて、皮が上からかぶってくるので物理的に視界が狭く前が見えにくいと言う理由で手術を受ける方もいらっしゃる部分です。
転んだら危ないですし、生活し難いならばそれは前向きな選択ですね(o^^o)
まぶたの皮膚は本当に薄いのでケアがし難い場所でもあります。
例えば皆さんも手にしやすいシートマスク(パック)も目元はくり抜かれていませんか?
例えばご家庭用のイオン導入機も注意書に「目元を避けてご使用下さい。」となっていると思います。
例えばエステで施術する際もこのグリーンの部分

この範囲内は施術しますが、必ず目元、口元は避けてすることが基本です。

案外『目元』は美容皮膚科やエステサロンでは触れてくれない部分でもあるんですよね!
せいぜいコットンに保湿用のローションやセラムを付けて貼ってくれるくらいかと思います。
なので、目元は日常的に自力でケアしていく必要がある場所なんですよ(*^ω^*)
私はスキンケアの際に、美容液もそう、化粧水もそう。全て目元からつけることにしています♫
両手のひらに伸ばしたら、そのまま手のひらを目元に軽い力でキュッとフィットさせてから、頬やあご、額などに進んでいきます(^ ^)
先ずは『目元♡』
これを毎日実践しています♫
まぶたのケアにオススメなのはコチラ〜╰(*´︶`*)╯

INSILVES『デェアリフター』

いつまでも若々しくいたいから〜♫
印象操作の盲点は「まぶた」でした!
皆さんも是非意識してケアしてみてくださいね〜(*´∇`*)
デェアリフターの詳細はWebshopでご覧ください。
美肌工房のWebshopは⇒こちら♡から

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください