皆さんこんばんは〜♡♡♡
おーーーー!!

2日前から強く願っていた事がもう叶った!!

*・゜゚・*:.。..。.:*・'(*゚▽゚*)’・*:.。. .。.:*・゜゚・*

☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆

T^T   T^T  T^T  

良かったぁ〜。ウレシイ。。。
愛しの君との3年越しの再会♡
実は美肌工房オープン前、長期入院をしていました(^^;;

そうそう、あの頃は私も皆さんと同じく32℃化粧品の大ファン♡イチ愛用者でした(^^)
その当時は持病がかなり悪化した状態での入院で、1人で歩く事も、身体を起こす事も出来ない状態。

そんな私を強く支えてくれたのが当時まだ研修医だったS森先生(T_T)

呼吸も苦しく、毎晩熱にうなされていた私に、

『大丈夫ですよ〜。今日僕当直医なので何かあったら直ぐに来ますので安心して下さいね〜(o^^o)』

とか言ってくれ、実際に夜の夜中に駆けつけてくれた日が何日あった事か。。。
そして検査の度に伝説を作る女のわたくし(ー ー;)

激しいトラウマの有る、どーーーしても(>_<)やりたく無い検査があって主治医と大喧嘩の末、食事を全てボイコット!!

どぉーも太い針刺される系が苦手。。。

恐怖の検査前にパニック障害を起こし、まさかの研修医を拉致して検査に付き合わせるという荒業を披露した。※普通はこんな事してくれません(^^;;

そんなパニック状態の私に付き合い鼠蹊部カテーテル検査に付き合ってくれたS森先生(o^^o)
当時発病した持病は現在落ち着いていて、今回はこれまた全く別の持病が突如顔を出して、実はかかっている診療科が変わってしまったの。だからもう二度とお会いする事が出来ないと思って居ました/ _ ;

それ以前に当時3年も前の研修医の先生がまさか同じ病院にいてくれる何て思っても見なかったのに、同じ診療科の患者さんとの会話の中で。。。

『S森先生っていう先生がね〜(^^)』

って∑(゚Д゚)

え?え?え?待って!待って!

こんな感じの話し方?

こんな感じの顔?

え?待って!待って!病院のホームページチェック!チェック!!

『おーーーーー!下の名前も同じだーーー!!』

居たんだ!!ここに居たんだ!!T^T

ってなったのです。

何故こんなに会いたかったかというと、当時体調が最悪だったとき散々お世話になったのに、先生の研修期間が終わり私の担当では無くなってしまったの。あの時具合が悪すぎてお礼も言えぬままお別れしたのです。

あの時のご恩を忘れる事が出来ず、病院に来る度思い出していたのです。

S森先生がいることを知ってからのこの2日。色々な看護師さんに

『S森先生に会いたいんだ〜(o^^o)』

『S森先生っていつ来るかな〜♡』

としつこいくらい言いまくり、先生が出没しそうな場所をウロウロ。

無駄にウロウロ♪( ´▽`)
そして私の執念の願いが叶い(笑)

『あーーーーーー♡やっと会えた〜(o^^o)』

『あの時の大騒ぎして先生を検査に付き合わせた佐治ですぅ〜(>_<)』

と言ったら、

『あ、あの3年前の。。。(o^^o)』

と覚えていてくれたぁ〜♡って言うか無理矢理思い出させた〜♡

すっかり風格も出て、より素敵になっていたS森先生(^^)

今後とも宜しくお願いした〜い♡
はぁ〜♡先生がいたら安心だわ〜。とっても優秀だと言う噂は3年前から聞いて居たけど、あの優しさも健在だった(^^)

いつか私の主治医になってくれますように〜♡
皆さんは明日からシルバーウィークですね〜♪

私も明日からはゆっくりとコチラで脳内の冒険の旅に出ます(笑)

  
★『ワンピース』以前読んで居たけど途中でドロップアウト。

おさらいの為、25巻辺りからスタート!

そろそろ神・エネル登場の辺り(^^)
★そしてもう一つ最近どうしても読んでみたかった『新約聖書』

わたし。。。何処に向かってるのかな(ー ー;)

でも、メモしたいお言葉が盛り沢山なの!!

はじめはメモしていたけど、殆どメモしたい事だったので、メモは断念。

心に留めておこう。これが正しい聖書の受け止め方と心得た。

★今日は心の神『S森先生との感動的な再開。』←一方的に(笑)
『★神★神★神』

リーチかかっちゃったよ〜∑(゚Д゚)

この後、どんなフィーバーがあるのかな???

※ギャンブルはセンスが無いので一切しません。
私の人生って。。。楽し過ぎるぅ〜☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆

ミラクル大爆発の日は近いか?

ウキウキ♡
では(^^)

皆さんも楽しい連休を〜☆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください